ストレスを見える化する

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 18:33


ストレスを測定する方法は、自律神経以外にもいろいろとあります。
法制化された「職業性簡易ストレス調査票」も、その一つです。
生理学的評価法として脳波、生化学的評価法として血液検査や尿検査、唾液検査などでも測定できます。

 

うつ病にさせないためには、ストレスをどれほど受けているのか見える化することが効果的です。
セルフケアのためにもラインケアのためにも。

 

アドバイザー養成会では、疲労科学研究所の疲労ストレス測定器VM302を使い、参加者全員のストレスを測定します。

 

 

その結果の読み方を理解すると、どのような状態が健康的な状態なのかが理解できます。

 

ストレス測定結果

 

その後は、VM302を使わなくても簡易に測定ができる方法をお伝えするので、学んだことを日常的に生かせるようになります。

 

COCOLOLOココロ炉は、無料のスマホアプリです。

 

 

画像はCOCOLOLOココロ炉のサイトからお借りしました。

 

ストレス測定が、血圧のように普及したら、うつ病になる方も減るのではないかと思います。

 

うつ病は予防が可能だということを、納得されます。

満足度は、平均90%以上です。

 

 

9月21日、浜松

10月20日、高知

10月27日、名古屋

12月1日、名古屋 (←名古屋会場、追加決定しました)


12月15日、奈良


令和2年1月12日、京都

 

共同開催くださったり、主催してくださる方があって実現しています。
ありがとうございます。


社会から、うつ病発症率を減少したい。
うつ病で辛い思いをする人を減らしたい。

あなたも、アドバイザーとして、大切な人をうつ病にさせない方法を学びませんか?

 

うつ病にさせないためのコンソーシアム

 

JUGEMテーマ:メンタルケア

 

 

 

 

 

コメント
コメントする