うつ病にさせないための色彩心理を応用したツール ーUSCカラーカードー

  • 2019.09.12 Thursday
  • 08:42

JUGEMテーマ:メンタルケア

昨日は、市民活動を一緒にしている仲間と打合せでした。

仲間の一人も「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」を受けてくれたアドバイザーさんです。

 

周りの人をうつ病にさせたくない!

 

その思いは、経験者だからなおさらです。

昨日は、「洗濯機でUSCカラーカードをダメにしてしまったから、もう1セット欲しい」ということでお渡ししました。

 

 

「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」では、いろいろなグループワークを行います。

一番盛り上がるのが、「相互理解のワーク」です。

 

職場の人間関係が普段から良かったら、いくら仕事が繁忙期でも労い合い支え合える。

悩んだとき、辛い時に相談できる。

 

心拍変動でモニタリングすることもストレスの見える化するためにとても重要です。

 

ストレス測定結果

 

そして、車の両輪のように人間関係を良くすることも大事。

 

「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」では、相互理解でき心理的安全性の高い職場環境を作るために色彩心理を使います。

よく耳にする「カラーセラピー」的な方法を使います。

うさんくさい・・・うさんくさい・・・

 

正直、「うさんくさい」と思う人、だいたい参加者の1割くらいいますね。

特に男性です。

 

 

でも、一番楽しくて、グループの親密性が高まり、その体験こそが「心理的安全性」を高められた実体験になります。

本当かしら??

 

 

相互理解のワークが始まると、みなさんにやにやしています。

 

 

「わたし、そんないい部分ないわ〜!」

「いや!きっとあるはずよ!」

 

 

「最近のあなたは〇〇なことを意識していないですか?」

「こわい!あたってる!」

 

そんなワークを体験いただいています。

 

写真を見てお分かりだと思いますが、カードの裏にはメッセージが書いてあります。

これを読むだけで相互理解が深まります。

 

 

USCカラーカードはオリジナルな教材です。

著作権がありますので、モザイク処理させていただいています。

 

 

そして、相互理解のワークに関してアンケートの一部を以下抜粋しました。

 

---------------------------------------
Aさん:看護師
とても参考になりました。職場が笑顔で過ごせる環境になるために、今日学んだことを取り入れていきたいと思います。
---------------------------------------
Bさん:看護師
とても分かりやすかったです。ありがとうございました。今までも、ストレス測定、カラーセラピーとか、関わらせてもらったけど、これまでのことがすべてつながったと思いました。やはり、カラーはすごいと思いました。
---------------------------------------
Cさん:公的機関
あっという間でした。職場で活用普及したいと思います。
---------------------------------------
Dさん:看護師
とても色々なことが納得できた会でした。看護師・アルバムアドバイザーとライフワークは決めているものの、最近興味があったのが、アロマや色彩心理。そこをつなげられる内容で大満足です。
---------------------------------------
Eさん:看護師・こどもコミュニティケア福祉
短い時間でたくさんのことを教えていただき、予防によってまたは早期に関わりを持つことで、職場のみんな利用している子供たちのご家族そりが合わないと私が思っている上司のことも、ツールを使って改めて元気に働いていける、生活していけるようになるなということに気がつくことができました。
---------------------------------------
Fさん:看護師・国際ヒーリング協会
すごく分かりやすかったしアロマのトリートメントのことも出てきて効果があるのが改めて理解できて嬉しかったです。カードもシンプルで使いやすそうだし、カードが好きなのでアイテムが増えて嬉しい。活用していきます。
---------------------------------------
Gさん:腸セラピーサロン
参加する前はグループワークは緊張しそうだなと思っていましたが、意外と楽しくワークでき、 色彩カードを使ったワークではその人となりや自分との共通点も見えてリラックスして勉強することができました。
---------------------------------------


そして、「うさんくさい」とおっしゃった男性看護師さんの感想
↓ ↓ ↓
---------------------------------------
Hさん:看護師
とても勉強になりました。ありがとうございました。カードを使いこなします。
---------------------------------------

 

大抵の方が、相互理解に役立つと感じてくださいます。

心理的安全性の高い職場づくりに役立てていただけると確信しています。

 

医療福祉関係者が6〜7割を占める講座ですが、どなたでもご参加いただけます。

 

9月16日、東京。

9月21日、浜松。

10月20日、高知。

10月27日、名古屋

12月15日、奈良。


令和2年1月12日、京都。

 

共同開催くださったり、主催してくださる方があって実現しています。

ありがとうございます。


社会から、うつ病発症率を減少したい。
うつ病で辛い思いをする人を減らしたい。

あなたも、アドバイザーとして、大切な人をうつ病にさせない方法を学びませんか?

 

うつ病にさせないためのコンソーシアム

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする