組織のイキイキと色彩の可能性 ーその2ー

  • 2020.02.01 Saturday
  • 07:00

1月中旬になりますが、人と組織に関心のある方々と「人と組織のイキイキ」について考える会、APO研の定例会におじゃましました。

1月の定例会は、日本特殊陶業蠖卦事業創出PJ「Appiness」の濱口泰治さんがスピーカーでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月定例会テーマ:「真のメンタルヘルス対策について考える」

〜「うつ病にさせないためのコンソーシアム」と「Appiness」の活動事例紹介を通じて〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前半は、うつ病にさせないためおコンソーシアムの活動や色彩心理カラーカードのワークでした。

ブログ:組織のイキイキと色彩の可能性 ーその1ー

 

その後、日本特殊陶業蠖卦事業創出PJAppiness様が開発中のアプリGood Morning Color(GMC)の紹介がありました。

 

 

GMCは、スマホやパソコンの画面でその日の気分を色に例えて選び、社員のメンタルヘルス対策に役立てようというサービスです。

 

毎日、自分の気分はどんな色で、気分がどれくらい良いか?画面上で選びます。

色や気分の良さがどう変化したか見ることによって、仕事や生活が自分にどう影響を及ぼしているのか振り返るキッカケになります。

「気分が落ち込んでいる」そんな状態の同僚がいたら、「話、聞くよ!」「大丈夫?」などコミュニケーションが取れるようにもなっています。

 

こうしたメンタルヘルス対策のシステムは、社員の状態を一部の人しか見られないものが多いようですが、GMCはチーム全員が見られるようになっています。

ありのままの自己表現ができる状態や風土を醸成することが、心理的安全性を高くします。

ですから、全員が見られることが重要なのです。

 

もちろん匿名性も守られるようになっていますが、全員で見られることを可能にした一番の理由は色に善悪がないからです。

色は、心理的安全性を高めるツールとして適切なのではないかと思っています。

 

他にも、いくつか特徴がありますが、毎回システムのお話を伺うたびにバージョンアップされておりアプリ完成が楽しみです。

 

そのようなGMCの紹介の後、「真のメンタルヘルス対策とは?」というテーマでディスカッションしたのですが、貴重なご意見をたくさんいただきました。

 

名古屋会場では、以下のような意見が出ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セクハラ・パワハラ・マタハラ・アルハラ・・・

今の会社では、人と関わることのリスクばかりが取り上げられていて、人と交わらない方が安全だと感じてしまう。

人と関わらないことが安全だと認識しつつある社内に、心理的安全性を高める方法を、どう浸透していけるか?

 

過去にいじめられた経験のある人たちに、相手の都合もあったのだから許しましょうと言われても、心に負った傷があれば拒絶するだろう。問題が発生している職場には、配置を検討するなどの対策が優先なのではないか。

しかし問題が発生していない職場で、その関係性を維持向上させることを目的とするならば、色彩を使ったグループワークやアプリは有効だと思う。

 

メンタルヘルス対策は1次予防・2次予防・3次予防と段階に合わせた対策が重要だといわれるが、そもそもそうした対策を必要としない状態が望ましい。こうしたカラーカードやアプリで健全な職場を醸成するという0次予防の考え方は必要なことだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

実際の職場で、どう役立つのか?具体的にな意見を聞くことができました。

USCカラーカードにも当てはまる内容で、とても参考になりました。

 

他の会場からは、質問も含めて以下のようなご意見をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色男など色を使った言葉は生活に密着している。

色で人の気分を見える化できるのは良いと思う。

言いたいことを言いたい人に直接言えるのが心理的安全性だから、色を使って表現することは良い事だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

色彩心理カラーカードもGood Morning Colorも、とても興味を持っていただけたようです。

これらをいかに活かすかが、うつ病予防のカギになると感じます。

 

さらに推考していきたいと思いました。

参加させていただき、心から感謝いたします。

 

うつ病を予防する、うつ病にさせないためのアドバイザー養成会ではその予防を学びます。

自分の周りの大事な人を、うつ病にさせたくない。

そう思っていらっしゃる方に役立つ講座です。

 

現在、開催予定の「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」は以下の通りです。

 

令和2年2月11日 名古屋(共同開催者:日本特殊陶業蠖卦事業創出プロジェクトチームAppiness様)

 

令和2年2月16日   神戸(←増席しました。お申込み可能です)

 

令和2年3月1日   東京

 

令和2年3月15日 愛知県長久手市

 

(最新の日程は、ブログのトップページをご覧ください。)

 

共同開催くださったり、主催してくださる方があって養成会は実現しています。
ありがとうございます。


社会から、うつ病発症率を減少したい。
うつ病で辛い思いをする人を減らしたい。

あなたも、アドバイザーとして、大切な人をうつ病にさせない方法を学びませんか?

 

うつ病にさせないためのコンソーシアム

 

 

JUGEMテーマ:メンタルケア

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM